top of page

​農業×ANY=HAPPY

About us

農業シンクタンクとして、

農業を軸に、社会課題を解決する事業を創造・デザインすることが私たちの仕事です。

 

農業は社会基盤産業です。

農業と社会のさまざまな機能をつなぐことで、結果的に課題解決につながり、

いいこと、ハッピーが生まれる。


農業×ANY=HAPPY


 そんな農業のチカラ、社会における役割を表した方程式です。

事業創造実績

掛け算の発想

農業にあらゆる"何か"を掛け合わせることで

社会課題を解決するビジネスモデルを展開しています。

DSC01.jpg

​Mobile Mover

Mobile Mover(モバイルムーバー)はマルチワーク可能な屋外作業用モビリティ。スズキ㈱と共同開発を行っています。車体はスズキ㈱からの提供を受け、安定した走行を実現。

農業・農村で生活する人々にとって「となりにいるとミライに楽しく歩みだせる、相棒的モビリティ」を目指しています。

vegibus-03.jpg

​やさいバス

地域の生産者と購買者をつなぐ農産物の流通プラットフォーム。EC と地域内共同配送を一体化させた仕組みが特徴です。静岡から始まり、現在、北海道、千葉、茨城、愛知、大阪、広島、愛媛など、全国各地へ広がっています。

ロゴ (1).png

​ジュニアビレッジ

​​小中学生が地域活性化を目的に「食×農ビジネス」に挑戦するコミュニティスクール。静岡県菊川市の事業から始まり、​現在はグローカルデザインスクール㈱が運営。全国6つの拠点で活動しています。

2.png

​Smart Village Labo

静岡県菊川市にある自社農場を、人とロボットが共存した農業経営を実践する場に。地域とも連携しながら、現在、整備を進めています。​​

DSC04719.jpg

和泉市アグリセンター

大阪・和泉市の農林業の成長戦略拠点となる施設で、エムスクエア・ラボが指定管理者として運営。

事業内容

社会課題解決型の事業創造で培った事業企画力・技術力・デザイン力で

ビジネスをかたちに。

事業企画

複数社を立ち上げてきた経験と広いネットワークで事業創造をサポート

Mobile Mover共創開発

モビリティ「Mobile Mover」の共創開発

​システム受託開発

WEB系サービスのシステム開発、ROS/ROS2を用いたロボット系のシステム開発

新着情報

2024-07-09

Press Release

菊川市とエムスクエア・ラボが連携協定を締結しました

2024-05-01

Media

『月刊浜松情報』に代表・加藤のインタビュー記事が掲載されました

Please follow us

  • Facebook
  • YouTube
  • Instagram
bottom of page