top of page
IMG_5406_edited.jpg

地域農業に役立つ栽培研究

​これまでのイチゴ水耕栽培に加えて、野菜の有機栽培にも挑戦しています。
​● イチゴ水耕栽培(令和4年度~)

フードウォールニンジャトンネルを使用して

「いちごの低コスト栽培」に挑戦しています。

立体栽培を行うことで、小面積ながら高収穫が可能に。

ビニールハウスの扉や巻き上げ機を自作し、

温湿度管理のためのラズパイも自前で設置するなど、

"DIY農業"に初心者ながら日々奮闘しています。

令和4年度の栽培の様子などは、InstagramにUP

令和5年度は、前年度の経験を踏まえ、

下段の苗の生育も良くなる様に棚の構造を変えて実施。

ただ、前年度末期のうどんこ病が残り、初期対応の失敗もあり

ハウス全体に蔓延した為、出荷には至りませんでした。

次年度再挑戦です。

​● 有機栽培(令和6年度~)

ジャパンバイオファーム(​JBF)が提唱するBLOF理論を参考に

野菜の有機栽培への挑戦を開始しました

試験農地には、真砂土(山土)を深さ60cm程度を積み込んだ後、

バーク堆肥を一面に撒いた畑を使用しています。

畝は、有機栽培用とこれまでの慣行栽培用の2種を距離を離して切り、

有機畝にはJBFから購入した各種の堆肥・肥料を、

慣行畝には苦土石灰と化成肥料(8-8-8)を施肥しています。

※BLOF理論で重要な畝の熱処理はまだの状態です。

​まずは、ホウレンソウを栽培してみます。

​(同じ種でも微妙に色が違っているよう。)

​有機栽培畝
IMG_2024-05-23-11-26-01-190.jpg
有機_2024-05-25.jpg
​慣行栽培畝
IMG_2024-05-23-11-25-46-055.jpg
慣行_2024-05-25.jpg
bottom of page