top of page

第二期生の申し込みが定員数に達したため募集を終了しました。

DE431E3B-826F-47A7-96C6-E883F9D8000A.jpg
資產 16_300x.png
資產 15_300x.png
資產 14_300x.png
資產 7_300x.png
資產 4_300x.png
資產 4_300x.png
資產 3_300x.png
資產 4_300x.png
資產 6_300x.png
資產 8_300x.png
資產 5_300x.png
資產 18_300x.png
資產 29_300x.png
資產 13_300x.png
資產 22_300x.png

 我が国の農業を取り巻く環境は、従事者の高齢化や担い手の不足により非常に厳しい状況が続いており、食料自給率も近年では横這いとなっていますが、カロリーベースで40%を下回っています。
 和泉市においても、状況は同様で、農家数、耕作農地面積、農業生産額といった農業指標の多くは平成以降半減以下に低下しています。
 農業や農地は食料生産は元より、地域を大雨などに起因する災害を防いだり、素晴らしい景観を生み出すなど、多様な機能を有しており、これを維持していくことの重要性は誰もが認識するところではないでしょうか。
 そこで、この度、和泉市アグリセンターでは、和泉市で農業を始めたいという方、また市内の農業者であるけれど技術や知識の基本を身に付けたい方など、これからの和泉市農業を支える農業者を育成するための実践教室を開催することにいたしました。

資產 23_300x.png

普及指導員資格所有者の指導の下、土づくり、播種、除草、防除、追肥、収穫など、1年を通じた一連の農作業を実施します(土曜日の10時から約2時間、月2回程度)。

中小企業診断士、税理士、6次産業プランナーなど専門家による講義を実施します(適宜)。

農業関連データの活用等について講義を実施します(適宜)。

資產 26_300x.png
資產 25_300x.png
資產 24_300x.png

第二期生の要項

資產 20_300x.png

対象者

将来、和泉市内で新規就農(注1)を目指す意欲がある者、若しくは既就農者であるが新たに技術や知識を身に付けたい者で、
1年を通して研修の受講と栽培管理が行える者。尚、募集に際して面接を行う場合があります。
※ 指導は、農業普及指導員資格を持つベテラン農家の方が行います。

定員

15名 ※ 2/13(火) 9:00 の募集開始後、定員になり次第締め切ります。

開催期間等

ア.期間:令和6年4月~令和7年3月末(12カ月間)

​イ.初回:4/6(土) 9:00~12:00 和泉市アグリセンターにて
ウ.頻度:2回/月、土曜日 9:00~12:00(夏季は、8:30~11:30)で実施

受講料等

ア.受講料:36,000円
イ.支払方法:開始月末までに一括支払(初回時に徴収予定)

必要な物

種・苗、諸資材等の栽培に必要な物品はセンター側が提供するため、
生徒が用意するものは、平鍬と作業に適した服装・飲み物のみです。

場所

和泉市下宮町74番の2 和泉市アグリセンター 及び 隣接農地

その他

ア.研修修了者には修了証を交付することで農家資格の証明となり、アグリセンターが農地の借り受けや就農後の指導等の支援をします。
イ.研修の様子は画像や映像として記録し、Web等で公表することがあります。
ウ.生徒の自己都合により途中で退講した場合、受講料は返還しません。
エ.受講時や個人作業時にはセンターの駐車場が利用でき、センター休館日以外はトイレ、洗面所、更衣室が利用できます。
オ.行事保険に加入します。

(注1)大阪版認定農業者のことをいいます。

資產 27_300x.png

第2期 令和6年4月~令和7年3月末

夏野菜

冬野菜

6月

4月

5月

20​24

20​25

7月

8月

9月

10月

11月

2月

1月

3月

12月

​第一期生 活動状況
資產 13_300x.png

ほぼ農業初心者ばかりの15組の個人・グループが、普及指導員資格を持つベテラン農家の指導の下、畑の整地から始めて、各種の農作物の栽培に取り組んでいます。

教室は2回/月のペースで、座学での関連知識の講義や作業内容の説明の後、畑での実習を行いますが、日々の収穫や除草・灌水の作業を各個人の判断で行うことで、維持管理についても実践しています(各組3畝を担当)。

これまで、春野菜では、エンドウ・ジャガイモ・玉葱を、夏野菜では、トマト・キュウリ・ピーマン・なすびに加え、トウモロコシやオクラなども栽培しています。

作業は大変な部分もありますが、収穫時には農作物を抱えられて満足感を得られる方が多いです。

8月中旬からは冬野菜の準備として、再度畝を立て直すために耕運機の実習も行い、以下のもの栽培しています。

・種からの栽培

 ダイコン・ニンジン

・苗からの栽培

 キャベツ・ハクサイ・ブロッコリー・カリフラワー等

​気温が30℃を超える暑い中での作業でしたが、何とか無事に乗り切りました。

冬野菜の栽培は、天候が良かったことと肥料が効いたのか各野菜とも丸々と太り(太り過ぎも発生)収穫して食べるのも大変です。一部のミニトマトは12月中旬まで赤い実がなっていました(驚きです)。

​第一期生の活動期間も残り少なくなってきましたが、それぞれが次の段階に向けて進んでいます。個人的に農地を借りる算段をして完全就農を目指す方や、共同で農地を借りて今後も農業に携わっていく方々もいます。

二期生の方の道筋を作る意味でも最後まで色々な活動を行っていきます。

補助教材:野菜毎の栽培手順資料
IMG_2023-09-16-09-26-38-309.jpg
IMG_2023-11-22-13-05-32-722.jpg
​整地作業風景

​畝立て

IMG_2022-12-24-12-04-39-394.jpg

ネット張り・藁掛け

IMG-1376.jpg

ジャガイモ植付

​夏野菜栽培
IMG_2023-07-25-12-45-36-870.jpg
IMG_2023-07-25-12-46-06-264.jpg
IMG_2023-07-25-12-48-50-756.jpg

​大玉トマト

IMG_2023-07-25-12-47-49-657.jpg

ミニトマト

IMG_2023-07-25-12-52-29-468.jpg

茄子

※収穫が遅れると、普段見かけない巨大野菜を目にすることもできます。

​巨大キュウリ

IMG_2023-07-25-12-50-44-577.jpg

​巨大オクラ

​冬野菜栽培
IMG_2023-08-12-09-21-25-563.jpg

​耕運機実習

IMG_2023-09-02-09-05-39-469.jpg

​種蒔き指導

IMG_2023-09-09-13-22-42-817.jpg

​ダイコン・ニンジン(奥)

IMG_2023-09-16-12-02-35-779.jpg

​各種の苗植え後

IMG_2023-10-14-12-33-23-410.jpg

​成長期

IMG_2023-11-22-13-00-39-926.jpg

だいこん

IMG_2023-11-22-13-00-01-529.jpg

​はくさい

IMG_2023-11-22-13-00-56-143.jpg

​ブロッコリー

IMG_2023-11-22-13-03-29-773.jpg

カリフラワー

IMG_2023-11-22-13-03-02-225.jpg

​にんじん

bottom of page