top of page
農業ⅹANY=HAPPY

​農業×ANY=HAPPY

Mission

持続可能な社会を次世代へ

​Vision

ミュニティベースドデザインにより

モノと価値が循環する仕組みと仕掛けを

創造し続ける

Value

多様な要望に柔軟に、迅速に、

楽しく、応え続ける

なぜ「農業」なのか?

農業は社会基盤産業です。

人類がこれだけ繁栄できたのも、

農業により食料の生産性をあげられたことから始まります。

 

しかし、発展した国々では農業の存続を脅かすような消費行動や社会構造により、

そのツケは確実に

人間社会全体に跳ね返ってきています。

 

SDGs、ESGなどを標ぼうするならば、

一人一人が食べているものを知ることから始めてみると、社会がよく見えるようになります。

畑にくれば、社会が見える!

会社概要

会社名

株式会社エムスクエア・ラボ

本社所在地

静岡県牧之原市布引原1076-2

役員

代表取締役CEO 加藤百合子
取締役CTO 安河内竜二
取締役 青山市三
監査役 尾崎貴章

設立

2009年10月

資本金

4,050万円

株主

加藤百合子 鈴与 エスエスケイフーズ さの萬(代表取締役 佐野佳治) 日本戦略投資(SMBCアグリファンド) 豊田肥料 ファインビューテ 他個人

事業内容

農業シンク&アクションタンク
農業ロボット・システムの研究開発、販売

従業員数

20人 (うち研究開発部門11人)

グループ会社

子会社
株式会社ベジラボ(農地所有適格法人)

関連会社
やさいバス株式会社
グローカルデザインスクール株式会社

本社・拠点

アクセス

​本社

静岡県牧之原市布引原1076-2  Googleマップ

 

開発拠点 ※coming soon

静岡県袋井市内に開設予定

​指定管理 和泉市アグリセンター

大阪府和泉市下宮町74-2  Googleマップ

沿革

2009年

静岡県菊川市にて創業

2010年

静岡県「ふじのくに農業情報ブログ発信事業」受託

2011年

静岡県「ふじのくにWorldWideFarmプロジェクト事業」受託

2012年

日本政策投資銀行「第1回 DBJ女性新ビジネスプランコンペティション」大賞受賞
生産者と購買者をつなぐ「ベジプロバイダー®事業」

2014年

農林水産省「平成26年度農林水産業におけるロボット技術導入実証事業」受託

物流課題の解決を目的とした「生産・流通プロセス一体型システム開発協議会」発足 〈★「やさいバス」の前身〉

2016年

「生産・流通プロセス一体型システム開発協議会」にて
静岡県「農林水産物共同物流システム 静岡モデル実証実験事業」受託

菊川市「農学芸スクール事業 Agri Arts & Science School」運営業務受託(3カ年)
菊川ジュニアビレッジの取り組み 〈★「グローカルデザインスクール」の前身〉

NARO「草勢管理システムの研究開発」受託(3カ年)
踏圧式雑草処理ロボットの研究 スズキの電動車いすを活用した開発を開始 〈★「Mobile Mover」の前身〉

株式会社ベジラボ(農地所有適格法人) 創業

2017年

やさいバス株式会社 創業

テラスマイル株式会社へ出資

2018年

グローカルデザインスクール株式会社 創業

2021年

NEDO「ポスト5G情報通信システム基盤強化研究開発事業/先導研究(委託)/コミュニティ強化型モビリティデバイスプラットフォームの研究開発」受託

農業情報学会 開発奨励賞受賞
「やさいバス」による分散型青果流通のDX化ならびにコミュニティ参加型の事業モデル開発

2022年

「和泉市アグリセンター」指定管理者として運営開始

スズキ株式会社と「Mobile Mover」事業創造における共同開発契約を締結

2023年

一般社団法人やさいバス倶楽部 創業

事業内容

社会課題解決型の事業創造で培った事業企画力・技術力・デザイン力で

ビジネスを"かたち"に。

事業企画

社会課題解決型の事業創造には、比較的安定して立ち上げるためのプロセスと、それぞれのステップで重要な要素と判断基準があります。

複数社を立ち上げてきた経験と広いネットワークで、事業創造をサポートします。

Mobile Mover共創開発

モビリティ「Mobile Mover」の共創開発。

​システム受託開発

WEB系サービスのシステム開発、ROS/ROS2を用いたロボット系のシステム開発を担うエンジニアチームです。

現在は、主にグループ会社の開発を担当しておりますが、今後は受託開発も視野にいれています。

加藤 百合子

創業者 代表取締役CEO

1974年生まれ。千葉県出身。慶應義塾女子高校を経て、東京大学農学部卒業。英国Cranfield Universityで修士号を取得後、米国でNASAのプロジェクトに参画、農業工学分野の研究に携わる。帰国後は民間企業で半導体や産業用機械の研究開発に携わっていたが、結婚を機に移住した静岡で子育てをする中で、改めて農業の魅力に気付き、2009年エムスクエア・ラボを設立。

持続可能な社会を目指し、迷いながらも、地域や社員と一緒にブレることなく進んでいきたい。専門分野は、地域事業開発、農業ロボット、数値解析。

加藤_プロフィール写真(1).jpg

​略歴

1998年

東京大学農学部卒業

1999年

英国 Cranfield University Precision Farming 修士号取得
NASA 植物工場のプロジェクトに参画

2000年

キヤノン株式会社 SOC検証部隊配属

2001年

産業機械メーカーにて産業用ロボット研究開発

2009年

株式会社エムスクエア・ラボ設立

現在

株式会社エムスクエア・ラボ 代表取締役
やさいバス株式会社 代表取締役
公益財団法人スズキ財団 理事
静岡ガス株式会社 社外取締役
株式会社良品計画 社外取締役

社会貢献

2023年3月~

内閣府知財戦略本部委員

2022年8月~

国土交通省 中部圏広域地方計画有識者会議委員

2021年11月〜

内閣府デジタル田園都市国家構想実現会議委員

2017年7月~2023年9月

農林水産省 食料・農業・農村政策審議委員

2017年7月〜2020年10月

静岡県教育委員会委員

 

他多数

bottom of page